Taipei, Taiwan

WEIDO微逗國際股份有限公司

Taipei, Taiwan

微逗國際, HOOHOOLAB

Categories

Design

Video

Media and Entertainment

Keyword

Intellectual Property

About Company

Weido was named after Taiwanese dialect that means “drawing” as we devote ourselves to the image field with all-out effort. We have cooperated with more than 3000 illustrators and have agented 50 Taiwanese IP since we founded. Using new media as a channel, we cultivate many animation IP belonging to Taiwan and promote to the world; while commercializing IP in animation advertising and product licensing, we cultivate a lot of well-known online animators through cooperation models such as PVC figures and co-branding with shopping malls. In the future, Weido will keep going on talent training and IP deepen in Taiwan character industry. 微逗国際株式会社は、イラストの分野に専念しています。「微逗」の発音「WEIDO」が、「絵を描く」の台湾語に似ているからこそ、この名前をつけました。微逗は設立されて以来、コラボしたイラストレーターが3000人を超えて、マネジメントを手掛けた台湾のイラストIPも50個があります。ニューメディアを通して、台湾のアニメIPの育成に取り組んで、世界に広めます。動画広告とライセンス付与について、IP事業化を進め、フィギュア化や百貨店とのコラボなどの形で、たくさんの人気ネットクリエイターを育てます。微逗は、これからも初心を忘れず、頑張って新しい人材を育て続け、IPの発展を強化し、台湾のイラスト産業を深耕していきます。

Media Headline

Comforting and naughty, “HOOHOOLAB” creates a new image in the health industry.

Products & Services

Notebook

Stickers

Postcard

Quotes

「HOOHOOLAB」というのは、病院が題材のアニメシリーズのIPだ。熊院長が設立した病院にいる仲間たちは、それぞれの悲しい過去を持っている。でも、彼らにとって、ここはただ一緒に患者を治療するためのところだけではなく、「家」でもある。